ブヨ(ブユ・ブト)被害 多発!ハッカ水活躍中2013年08月19日 14:01

この夏も キャンプ場各地で、

「ブヨ」 被害 が 出ているようです。

ブヨ の実態 のおさらいをしましょう。
ブヨ

ハエのより、少し小さい 約3~5mm の大きさで、 
黒っぽく、丸い
春から夏(3月から9月)にかけて活発に活動する。
夏場は、主に 気温の低い 朝夕に活動。
昼間はあまり活動しないが、曇天や、湿度の高い、日差しが少ない時は、時間に関係なく活動する。

衣服  黒や紺など、暗い色の衣服に寄りやすい
    黄色やオレンジなど、明るい色衣服には 寄りにくい。
    なるべく、長袖・長ズボンで、
    素肌を露出しないようにする。

メスだけが吸血するが、蚊などと違い、皮膚を噛み切るので、多少の痛みがある。
噛まれた跡は、中心に赤い出血点や、血の跡、水ぶくれが出来ることもある。
直後は、それほどかゆく無くても、日を置いて患部が腫れあがることがあるので、傷口は
触らないようにする。
毒素は水溶性のため、気づいたら患部をすぐに水で洗うようにし、
毒を抜いて、ステロイド系の薬を塗ると良い。

ポイズンリムーバー
以上は、概要ですが、

人によっては、猛烈なかゆみや、激しい痛みが生じ
腫れが残ったままになったり、重症化することもあるので、
集中的に何か所も噛まれたり、アレルギー体質の人は注意が必要です。
自己判断せず、病院を受診することをおすすめします。

コメント

トラックバック